1年間に払った生命保険についての保険料は「生命保険料控除」の対象になり、所得税、住民税の減税になります。

3つの生命保険料控除

生命保険料控除には一般生命保険料控除」「介護医療保険料控除」「個人年金保険料控除」の3種類があります。

「介護医療保険料控除」は、医療保険やがん保険、介護保険の保険料に対しての控除です。「個人年金保険料控除」は、個人年金保険料税制適格特約の付加された個人年金契約に関する保険料についての控除です。「一般生命保険料控除」はそれら以外の商品(例えば定期保険や終身保険、収入保障保険等)の保険料に対しての控除になります。

年間払込保険料額に応じてそれぞれ最大40,000円まで、3つ合計で最大120,000円までの所得控除が受けられます。

生命保険料控除の方法

生命保険料控除を使うには、毎年10月頃に保険会社から生命保険料控除証明書(はがき形式の書類)が届くので、それらを会社に提出する必要があります。その結果、年末調整にて還付金を受けられるという流れになります。

年末調整の手続きに保険料控除の証明書を出し忘れてしまった場合には確定申告をすることで対応できます。5年間さかのぼって申告、還付を受けることができるので、昨年出し忘れた、というような場合でも対処可能です。なお保険料控除は、生命保険のほかに地震保険料控除もあるので、地震保険に加入している方は別途地震保険ついても控除を忘れないようにしましょう。

生命保険控除の賢い活用方法

多くの人は収入保障保険や終身保険等の死亡保障には加入しているはず。一般生命保険料控除は多くの人が使っていると考えられます。また、医療保険やがん保険も多くの人が加入しており介護医療保険料控除も利用している人は多いでしょう。

3つの生命保険料控除のうち残り1つ「個人年金保険料控除」はそれらに比べると利用している人は少ないです。個人年金保険は老後のお金を貯めて年金として受け取れるものなのです。老後のお金を貯めるやり方は個人年金保険以外にも、投資信託の積立や預金等の保険以外の方法もありますし、保険を使う場合であれば、アクサ生命のユニットリンクや、メットライフ生命のUSドル建てIS終身保険等、お金が貯まるる保険を使う、といった様々なやり方があります。

マイナス金利になり保険を活用した資産運用も厳しい環境ですが、個人年金保険には、個人年金保険料控除メリットが得られるということもあるので、保険料控除を最大限活用できる範囲で加入しておく、という考え方もできるでしょう。

無料保険相談で、月々の保険料が32,629円から14,318円まで削減!
年間20万円以上も保険料を安くできました!