リビング・ニーズ特約とは、医師から余命6カ月の宣告を受けた場合、契約している死亡保険金の一部または全部を生前に受け取れるという特約です。リビング・ニーズ特約をつけたい場合の保険料は無料。加入しておくべき特約の1つと言えるでしょう。

リビング・ニーズ特約の特徴

リビング・ニーズ特約をつけておくと、本来、死亡後に支払われる保険金を、生きている間に受け取れるます。その保険金を使えば、残された人生を少しでも充実したものにすることにつながります。リビング・ニーズ特約で受け取ることができる金額は一般的には3,000万円までが多く、加入している金額が3,000万円未満の場合には、その保険の保障金額の範囲内で支払われます。

リビング・ニーズ特約と死亡保険金の関係

リビング・ニーズ特約を使って保険金を受け取ると、その金額分の契約は消滅することになります。例えば5,000万円の死亡保障に入っていて、リビング・ニーズ特約で1,500万円使うと、死亡した際の保険金は3,500万円になるということです。残った保険金額分(今の例だと3,500万円分)の保険料支払いが残っている場合には、死亡時まで支払う必要があります。

リビング・ニーズ特約と相続税の関係

リビング・ニーズ特約で受け取った保険金は非課税です。しかし受け取った給付金を使わないままその方が亡くなると、未使用部分は本来の相続財産とみなされ相続税の課税対象となってしまいます。

通常の死亡保険金も相続税の対象となりますが、「500万円×法定相続人の数」という非課税枠があり、この分相続財産を減らすことができます。しかし、リビング・ニーズ特約で受け取った保険金ついてはこの「500万円×法定相続人の数」分を引くことができません。つまり相続税対策をしたい人はリビング・ニーズ特約を使うかどうかは慎重に検討しなければならないと言えます。

無料保険相談で、月々の保険料が32,629円から14,318円まで削減!
年間20万円以上も保険料を安くできました!