一般的な生命保険よりも安い掛金で保障が得られるのがメリットになる共済。年齢によって保険料が変わらないといった点もメリットに挙げられます。今回は県民共済、全労済(こくみん共済)、コープ共済の3つを取り上げ、その医療保障について比較します。

県民共済の医療保障

各都道府県にある共済ですが、ここでは都民共済の入院保障2型を例にして考えます。都民共済の入院保障2型の月額掛金は2,000円。入院保障は1日あたり10,000円が184日目まで受け取れます。60歳~65歳では入院1日あたり7,500円へと減らされてしまいますが、それでも同程度の掛金の他共済と比べると大きな保障です。手術給付金は内容によって最大10万円(60歳~65歳は最大4万円)、先進医療保障は最大150万円(60歳~65歳は75万円)となります。

全労済(こくみん共済)の医療保障

全労済の「こくみん共済医療あんしんタイプ」は月額の掛金が2,300円。入院したときの保障は1日6,000円(180日まで保障)と都民共済よりは小さくなります(60歳~65歳は3,000円)。手術給付金は6万円、先進医療保障は最大600万円と都民共済よりも大きくなっているのが特徴です(60歳~65歳はそれぞれ最高で半分の保障額)。

コープ共済の医療保障

コープ共済の「たすけあい医療V2,000円コース」は月額の掛金が2,000円。入院したときの保障は1日5,000円(180日まで保障)と他の2つの共済よりは小さいです。手術給付金は最大8万円で、主契約の中に先進医療に関する保障はありません。コープ共済で特徴的なのが長期入院保障。270日以上の入院で30万円が受け取れるというものです。

三大共済の医療保障、メリット・デメリット

共済の医療保障は保険料が安いというメリットがあります。しかしいずれの共済も終身保障ではないため病気のリスクが高まる老後に保障が無くなってしまうという点はデメリットだと言えます。

したがって、貯蓄が貯まるまでの期間限定で医療保障をつけたい(貯蓄が十分に貯まったら医療保障は解約したい)という場合、共済の医療保障は使えると言えるでしょう。

一生涯の医療保障があった方が安心できる、と考える場合には民間保険会社の終身医療保険をベースにし、必要であれば共済の医療保障で保障を上乗せするという考え方の方が無難かもしれません。

無料保険相談で、月々の保険料が32,629円から14,318円まで削減!
年間20万円以上も保険料を安くできました!